fx取引をするならレバレッジや為替レートの意味を知ろう

fx取引をするなら、「レバレッジ」「スワップポイント」「証拠金」「手数料」などの意味を事前に確認しておかなければいけません。もしもレバレッジ100倍のまま、適当にトレードを行ってしまえば、大損をしてしまうかもしれません。ちなみにレバレッジとは取引数量の掛け金のことです。例えば口座に10万円を入金し、レバレッジ100倍の取引を行えば、1,000万円まで通貨を買い付けることができます。つまりレバレッジ10倍なら、トレード資金は100万円ということになります。

ただしハイレバレッジということは、イコール損失リスクも膨れ上がるということです。余剰資金100万円の人が一攫千金を夢見て、レバレッジ100倍にて取引を行ったらどうなるでしょう?破綻する将来しか見えませんよね。そのため初心者の方は特に、レバレッジは抑えて取引する必要があると言えるでしょう。

また為替レートと呼ばれる「レート」がfxには存在します。レートとは通貨売買時の、通貨価値のことです。この為替レートは経済指標や世界情勢の流れによって変動しますので、取引をしている時は常に緊張感を持って、通貨の値動きを確認しておかなければいけません。たった1時間であっても、レートは一気に値動きする時がありますので、席を離れる時は決済しておくべきです。

取引経験が少ない方は、fx業者の提供しているデモトレードを利用してみると、勉強になるでしょう。

This entry was posted in FX(外国為替). Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>